みえかた

山倉あゆみさん

foodrop / ヤマクラアユミ
新潟を拠点に、人、地域、暮らし、農業など、様々な事柄を「食」をテーマにつなぎ合わせるプランニングディレクター。活動に、DAIDOCO、灯りの食邸KOKAJYA、にしかんファーマーズ、三条スパイス研究所 など

ツバメコーヒー様

これはラブレターです。
おそらく私は、こんなものを書いたことがないし、
きっと3ヶ月後には恥ずかしくて破り捨てたいような、
そんな気持ちになっているかもしれません。

田中君は優しい人です。
そしてとても男らしい人だとも思います。
友人の極端に少ない私の、
数少ない本音の話せる大切な友人と、
勝手に思っています。

皆さんも知っているかもしれませんが、
時々止まらなくなる勢いあるトゲトゲした発言の裏側の
なんとも言いようのない大きな思いやりと愛のある思想の優しさ。

皆さんも知っているかもしれませんが、
外見からはちょっと想像できない柔らかなオカマ言葉で
物や物事を見極める時の、潔ぎの良すぎるゴリゴリの男らしい決断。

素敵でしょう。
私は、そんな彼の姿勢がたまらなく愛おしくて、
縁もゆかりもない燕だか吉田だかわからないぐらいの
片田舎にある「ツバメコーヒー」に、
わざわざ田中君に会いに行ってしまう、
ファンの一人です。

これは、少なからず仕事で
飲食業に関わる人間としての
個人的な考えですが、
飲食店の中でただ一つ、
提供する料理だけでは決して空間が完結しないのが
カフェであると思っています。

カフェは、人です。

ツバメコーヒーはこの街に存在するカフェであり、
ツバメコーヒー=田中、なのだとしたら、
彼を育ててくれたこのまちのどこか一部の、
創造力の奇跡的な高さや環境にも、
感謝したり出来るのではないかなと思っています。

そんなことを考えながら、
ツバメコーヒーのカウンターから見える
どこまでも続く田んぼの稲穂を
いつも私が眺めているなんて、
きっと田中君はこれっぽっちも思っていないでしょうけれど。

このまちに田中君とツバメコーヒーがあってよかった。

おそらくこれはラブレターです。
これからだって私はこんなものを書くことはないし
きっと3日後には恥ずかしくて破り捨てたいような、
そんな気持ちになっているかもしれません。

それでもここに書き記すことで、
強制的かつ片思いかのごとく一方的に残る絆を、
大切にしたいと思います。

カフェはいいなぁ。

山倉あゆみ

 | 

ツバメコーヒー
〒959-0264新潟県燕市吉田2760-1
TEL.0256-77-8781

[営業時間] 11:00-18:00
[定休日] 月曜・火曜

現在地からルート検索

メール問合せ