ツバメコーヒーについて

2012年2月に徳島にあるアアルトコーヒーの庄野さんに会いに行き(ちょっといい車を買ってすぐに全損したと思えば大丈夫だよ!というエールのもと)5月に焙煎機を購入し、わからないままにやりつづけて半年後の2012年11月にオープンしました。
みんなが好きそうな場所というよりもむしろ、まずは自分がほんとうにいいと思う場所にしたいと思いました。すごくだいすきな人もいるし、まったく興味がない人もいる。自分が住む町にそういう場所がたくさんあることが理想です。ツバメコーヒーの名前の由来はもちろん「燕市にあるから」というとてもシンプルなものです。
今の目標はとりあえずやり続けること。
長い目で見た目標は「燕市が好きな理由」に「ツバメコーヒーがあるから」と言ってもらうこと。

良質な豆をシンプルに焼いて

Coffee-コーヒー

良質な豆をシンプルに焼いて

焙煎経験とか焙煎スキルがあるとは言えないので、まず良質な豆を買ってそれをシンプルに焼いてなるべく早く届ける、ということを大切にしています。
コーヒー豆はマイルドな中煎り(ツバメブレンド)とほろ苦い深煎り(イヌワシブレンド)を中心に、シングルオリジンでは、中煎りを4種(ブラジル、コロンビア、グァテマラ、エチオピア)深煎りを1種(マンデリン)のみで、たった7種類しかありません。ラインナップを多くして専門性を高めるよりもむしろ、種類をしぼりこむことで少しでも鮮度のいい豆をお渡ししたいと思っています。そして値段ではなくお好みで選んでほしいのですべて同じ価格にしていますし、たくさん飲む方に少しだけやさしい価格になっています。
100g¥550/200g¥1,000/500g¥2,000

喫茶室

Cafe-喫茶室

大きなブックシェルフと
ソファとカウンターと。

基本カウンターにご注文いただいた上での前払い制です。 テイクアウトはもちろん、お席は空いている場所をご自由に、というスタイルです。大きなブックシェルフの近くには大きなテーブルを置いてライブラリーのように、手前に置いたひとり掛けのソファではゆったりとおくつろぎいただけます。もちろん書架より取っていただいてお好きな本をお読みいただけますし、看板犬の黒スケをいこいこすることも自由です。
他のお客さんに迷惑のかからない範囲で、この場所に多様な過ごし方、くつろぎ方があったらいいな、と思っています。

生活道具店

Shop-生活道具店

生活が少しだけ豊かに感じられるものを。

ある機能を果たすというだけであれば100円ショップで十分だという時代になりました。オンラインショップの充実によって最短最安値で買うという比較検討も容易な時代になりました。 それでもなおお店は必要であり売るべきものはあるんだろうか、という疑問は抱いたままに、生活がすこしだけ豊かになりそうなものを揃えました。
いいものを買って修理して長く使う、ということを提案するために、 できれば古びるのではなく育つものを、愛着によって使えば使うほどお気に入りになるものを、地元でつくられていて修理してもらいやすいものを、すこしでも多くご案内できれば、と思っています。

Google Indoor View

ツバメコーヒーGoogle インドアビューを公開いたしました。
店内を隅々までご覧いただけます。
> Googleインドアビューへ

Twitter

ツバメコーヒーツイッター

Instagram

ツバメコーヒーインスタグラム

ツバメコーヒー
〒959-0264新潟県燕市吉田2760-1
TEL.0256-77-8781

[営業時間] 11:00-18:00
[定休日] 月曜・火曜

現在地からルート検索

メール問合せ